Peu frequente

plath2.exblog.jp ブログトップ

相曽晴日のアルバム

a0054647_22093434.jpg

あいざき進也は全然聴き飽きてないんだが、ちょっと相曽晴日が聴きたくなった。

それでDLでアルバム4枚購入。
CDで買いたいところだが、『風はきまぐれ』だけで9000円以上するので仕方なく。

昔は歌詞まで完璧に覚えてよくバイクで通勤中にバイパスで大声で歌ってた。

ところが改めて聴いてみると、歌詞を間違えて覚えていたり、譜割が怪しかったり。

もう何十年も聴いてなかったからなぁ。
でもやっぱりいいよ、相曽晴日。
もっと売れてもいいくらいだったけど、ルックスがイマイチだったからな。
今はお痩せになっていい歳の重ね方をされている。

まだデビュー前、ポプコンのテープ審査で聴いた『悲恋酒』からずっとファン。
この人もファン歴が長い。

一度宮城にも来た。
会場はヤマハだかどこかのビルの一室。
コンサートホールじゃないの。
だけど良かった。
相曽晴日はソングライターとしても歌手としても一流。

Amazonのレビューで「声に癖がないから特徴無くて」どうこうって書いてあったけど、そんな事ない。すごく心地いい歌声。そしてあいざき進也みたいに歌に表情がある。

もっと売れて欲しかった。
一般人が耳にした事がある曲はパールライスのCMソングの「おいしい時間」

あれもいいんだが、ポプコンバージョンの「トワイライト」とか『風はきまぐれ』収録の「ビルディング・グレイ」、『紅いペディキュア』収録の「水玉模様」「椿姫~ジゴレット〜」なんかが凄くいい。
まあホントは全部と言いたいところだが。

あいざき進也も相曽晴日も、もっと世の中に広まって欲しい。
最近の耳にも心にも残らないような曲よりずっと良いのに。

芸能界ってホントヤクザだ。



[PR]
by plath | 2017-11-19 22:08 | ひとりごと
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー