Peu frequente

plath2.exblog.jp ブログトップ

手術になった

今日、ちょびのおなかを見たら、おっぱいのところにある腫瘍が大きくなっていた。

以前からあったもので、大きさが変わらないうちは様子をみておいてと主治医に言われていたものなのだが、今まではとくに大きさが変わるようなことはなかった。
それなのに・・・。

あわてて病院に連れてったら、「大きくなってるね。手術して病理検査に出した方がいいよ。」とのこと。ちょびはもう13歳。本当は体に負担なんてかけたくないんだが、このまま大きくなるのをほおっておくわけにはいかない。

2年前にも同じ手術をした。犬は乳腺が沢山あるので、あっちを切ってもこっちが・・・みたいなことになる。前回は左側。今回は右側の第5なんたらとか言っていた。

最近ちょびも歳のせいか足腰も弱くなり、階段を上り下りするのも危なっかしくなってきた。
でももしかしたら、お腹が痛かったせいなのかも・・・。気づいてあげられなくてごめんね。

どうか悪性の腫瘍ではありませんように。前回のように良性のものでありますように。

ちょびがいなくなることなんて考えたくも無い。いずれそういう時がくることはわかってはいるが、覚悟が出来ないんだな。

母が死んだ時も、覚悟しててもやっぱり死んだ後は現実を認めたくなくて、ずっと思い出すこともしなかったら、命日がいつだったか忘れかけた。危ない。

逃げてても仕方ないんだけど、大事なものを失くすのはやっぱつらいよ。




[PR]
by plath | 2005-11-14 22:01 | 日記
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー