peu frequente

plath2.exblog.jp ブログトップ

カラオケデビュー

先日、音痴過ぎて中学時代に合唱コンクールで
「口パクして」と言われた過去を持つ息子が、友達と映画「ポケモン」を観に行った帰り、遂にカラオケデビューした。

それまでは誘われても音楽にあまり興味がなく、歌う曲もない為、誘いを断っていた息子。

「え!あんた何歌ったの?やっぱり『世界に一つだけの花』?」←SMAPだけは好き。
「うん、あと『海の声』と、SEKAI NO OWARIの『RPG』と、合唱コンクールで歌った歌」

それで採点したらしいんだが、『世界に一つだけの花』は69点、他のは70点ちょいだったらしい。

ああ、リアルジャイアンリサイタル。
お友達、お気の毒。

「『海の声』なんか難しいじゃん。」
「うん、途中全然分かんなかった」

……だろうね。

「なんの機種でやったの?JOYSOUND?DAM?」
「DAM。機械にD.A.Mって書いてあった」
「あーDAMは採点厳しいからね~。仕方ないよ」

今後また友達に誘われたら、何歌うんだろう。
ホントに曲聴かないからなぁ。
てか、合唱コンクールの歌なんてカラオケにあったんだ。

DAMよりJOYSOUNDの方が採点甘いわよ。
母ちゃんはいつもJOYSOUND。

でもね、今日「DAM★とも」で99点台の人の動画聴いたんだけど、音程はほぼ合ってるの。
なのに全っ然心に響かない。
曲はちあきなおみの『喝采』。

この歌、小さい頃聴いて歌詞の内容も「人、死んだのね」くらいしかわからないのに感動した覚えがある。
それほどちあきなおみの歌が素晴らしかったんだよね。

なのに「DAM★とも」の高得点の人の『喝采』はちっとも心揺さぶられない。

どうしてかしらね?
音程あってりゃ良いってもんじゃないんだな。
表現力って大切だな。あと声質。

私が中西保志の『駅』(竹内まりや)を聴いて
「軽っ!」と思って感動しなかったのと同じかな。

松藤くんの『ビューティフルエネルギー』を「ただのエロ歌」と思ったのに、甲斐さんの『ビューティフルエネルギー』を聴いて、「なんていい歌」と思ったのと同じなのかもしれない。

桑田佳祐や、今時のアーティストの歌にいつも「何歌ってるのかわかんね」と思うのと同じ。

息子も音痴でも心に響く歌が歌えるようになるといいね。

母ちゃんもそんな高得点出せないし、いつも90点辺りをウロチョロしてる程度だけど、
昔、会社辞める友達への餞に松山千春の『大空と大地の中で』歌ってあげたら泣かれた事あったわ。

あんたもこれからカラオケでそんな出来事があるといいね。
多分一生「ジャイアンリサイタル」で終わる気がするけど。

a0054647_21561521.jpg



DAM派じゃないんだけど、あいざき進也はDAMの方がたくさん曲、配信されてるんだよね。
今度のカラオケはDAMにしようかな。






[PR]
by plath | 2017-08-25 20:51 | ひとりごと
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30