peu frequente

plath2.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:料理( 6 )

オムライス

a0054647_13080800.jpg
息子が作ったオムライス。
全くインスタ映えしない。皿は山パン。
そして後片付けはしない。

ここ、男あるある。




[PR]
by plath | 2018-02-25 13:08 | 料理

卵焼き



a0054647_08355187.jpg



朝は弁当作りの為、目覚ましで起きるんだが
薬を飲んでいる為どうしても眠気が残り、やることなすことボケている。

弁当箱は前の晩「パストリーゼ」を霧吹きし、面倒くさいことはやっておくんだが
冷蔵庫を開けては
「えっと、何出すんだっけ?」。
フライパンを出してIHの上に乗せ、しばしボケっとして
「ああ、火(IHなので火じゃないんだけどね)付けてなかった」と、
もう大変な思いをしながら作っている。

なので弁当に入れる卵焼きも非常にめんどくさい。

私は冷めても美味しいように味はしっかりめに付けるんだが
そうすると焦げ目が付きやすい。

巻きも本当は三重にしたいんだが、めんどくさくなると二重。
もちろんふんわりするにはあんまり巻かない方がいいのは知っているが
そうするのもめんどくさい。前後に動かすとかもう地獄。

それでも弁当に入れた後残った卵焼きの端っこを食べると「うん、いいだろう」的な味になる。

練り物を入れる時はめんどくさくても焼き色を付けるし、中まで加熱するためにレンジにかける。

冷食のハンバーグを使う時も、レンジにかけただけだとなんだか美味そうに見えないので
わざわざフライパンを出して焼き色を付ける。
冷食は使うが1品だけとか変なこだわりがある。

そうやって必死で弁当を作っているのに、昨日息子から
「クラスの女から弁当の卵焼き見て「うちのお母さんの方が美味そう」って言われた」
と、聞かされ、なんだと?と思い、
「そういうふうに人の弁当、品定めするような女、母ちゃん嫌い」と言った。
私は高校生にも容赦ない。

前にも書いたけど、私が中学生の時男子が隣の席の女の子の卵焼きの焦げをバカにして、女の子が泣いたことや、自分が麦飯で弁当の時間が苦痛だった事があるから、人の弁当をなんだかんだいうような奴は好きじゃないのだ。
その男子は担任に泣くほど叱られていた。担任も結構変わり者だったんだけど。

眠気と闘いながら弁当を作ってるのにそんなこと言われると
意地でも美味そうに作ってやると思ってしまう私は、今朝の卵焼きは焼き目を付けなかった。

でも卵焼きの焼き目って別に良いと思うんだけどね。
多少付いてる方が美味しそうに見えると思うんだが。

「ついでだからFlickerにあげるために写真も撮っておこう」

一眼レフを取り出し、普段山パンの皿しか使わないのにFlickerの為に食器棚の奥から卵焼きが映えそうな皿を取り出し写真を撮る。
卵焼きをFlickerに?と思うだろうが、以前「はらこ飯」をあげたら、閲覧数が結構いった。

弁当を毎日写真に撮るお母さん、本当に偉いね。
私は無理だ。
おかずが連ちゃんにならないように記録用に撮る人もいるらしい。
私も同じおかずが続かないようにはしてるけど、そのくらいは覚えていられるので写真には収めない。
大体ブロッコリー高確率で入るし、プチトマトほぼ毎日入れるし。
変わり映えしないでしょ。
プチトマト高いのに1週間くらいでヘタが悲しいことになるので買ったら使い切りたいの。

というわけで、今日は弁当の写真も撮ったんだが、1品冷食です。
シャウエッセン入ってるし、茶色並べて詰めてるし、梅干しの上にごま塩乗っかってるしで超手抜き弁当。
私はウインナーは花のように切らない。めんどくさいのよ。

a0054647_09370837.jpg


卵焼きは隙間入ったけど、これは切ってみないとわからないので「もういいや」の気分。
高校生男子の弁当にしては量が少ないとお思いでしょうが、これ以上増やすと「多くて残した」と言われる。
息子は昔から食が細い。

そしたら自分の朝食の食パンを焦がし、
その後掃除してクイックルワイパーしまう時、納戸とトイレのドア間違って開けちゃった。

なんだかな。お母ちゃん、しっかり。

※こういう事を毎日あいざき進也がやっていたのかと思うと、人んちの事だが、
「奥さんはあいざき進也が弁当作ってる間、何してんだよ」と思ってしまうわけ。
この間、奥さんの写真見ちゃったからなんか余計にね。これは嫉妬心ですかね。





[PR]
by plath | 2017-10-11 10:00 | 料理

本当に美味しかった料理

a0054647_17272713.jpg
私が「この人は本当に料理がうまい」と思う人、Kさんはもう亡くなってしまった。
ほうれん草のお浸しという誰でも出来そうな料理でも絶妙な湯がき加減で
「何これ?こんな美味しいお浸し初めて食べた」と思うくらいの驚きだった。

自称料理得意な人はたくさんいるが、Kさんは決して自分から「ご馳走するからおいで」などと言うことはなく、たまたまお邪魔した時に出してくれるお料理が、どれもすべて美味しく外れなしだった。

ー本当に料理上手な人ほど謙虚なんだなー

そう思った。

Kさんの旦那さんも料理が上手でイカの塩辛などを自分で作ったりしていた。
ご馳走になったらまあ美味いこと。
「他の塩辛食わんねえわ」と思うほどだった。
今は亡くなったKさんの代わりに自分の子供、お孫さんに料理を作っている。

うちの母は料理があまり得意ではない。
でも、私はその料理に一度も文句をつけたことはない。
ナポリタンにキャベツを入れて水っぽくなっても
「母ちゃん、ナポリタンにキャベツ入れない方がいいと思う」と心の中で思いながら黙って食べた。

小学5年生くらいから子供向けの料理の本を見て、自分でコロッケなどを作るようになった。
料理が好きというか、食べるのが好きだったから。
その料理の本には昔の田舎では手に入らないような材料も載っていた。
クレープを作るのにグラニュー糖とか。
「グラニュー糖って何?普通の砂糖と違うの?」そんな感じ。
そのうち大きなスーパーが出来て、珍しい材料も手に入るようになったが。

私が料理を作るようになって、一度キャベツの千切りをしている時、母から
「あんだ、ほだに早く切って手ぇ切んねえの?」と言われたことがある。
母ちゃん、これぐらい普通に出来るわと思ったが、「大丈夫だよ~」と返した。

母の料理で美味しいと思ったのは卯の花と混ぜご飯だ。
私は母から料理を習ったことはないのだが、あれだけは習っておけば良かったと思っている。
自分で作ってもどうしてもあの味にはならない。他の物は大体思い出しながらこんな感じだったなで、作れるのだが。

そのうち料理は大抵のものは勘で作るようになったが、お菓子だけはマニュアル通りに作らないと気が済まない。
下手にアレンジして大量のバターや生クリームを無駄にしたくないので。

今はお菓子を作る気力がなくなってしまった。
気持ちがどうしても動かない。
また作れるようになりたいな。特にフルーツのパウンドケーキ。
あれだけはどんなケーキ屋さんのものより自分の作ったものが一番美味しいので。代わりがないのだ。
私の作るフルーツケーキは、ベーキングパウダーを使わず、泡立てた卵白の力で膨らます。ベーキングパウダーを使うと、如何にも入れた味になるので。


早く心の元気を取り戻したい。
今は夕食の支度をするのさえ苦痛だから。


ねえ、なんでPCで記事書くと、カーソルど真ん中から動かせないの?
改行したくても出来ないんだが。
使い方イマイチわからん。





[PR]
by plath | 2017-06-02 18:35 | 料理

息子の料理

a0054647_1474751.jpg

野菜を切るのから、炒めるのまで全部息子がやりました。
おいしかったです。





[PR]
by plath | 2011-05-09 14:09 | 料理

さつまいものスープ

a0054647_152446.jpg

音羽和紀さんの「なんでもスープ」という本を図書館で借りてきました。

パンを作るとそれと共に食べるスープが欲しくなりますよね。

この本は自作ブイヨンとコンソメをベースにした沢山の種類のスープが載っています。

ブイヨンを自分でひくの?と思ったのですが、市販のものでもOKということで、なかなかとっつきやすいレシピです。

冷たい系のスープは、材料をミキサーで攪拌するだけといったものも多く、お手軽大好きなわたしは‘ちょっとこの本買ってみようかな’なんて気になってしまいました。

写真は「さつまいものスープ」。
レシピより牛乳を多めにしてアッサリ仕上げてみました。おいしかった♪





[PR]
by plath | 2006-09-20 01:19 | 料理

おにぎりの型

a0054647_7743.jpg







幼稚園のお弁当が始まるという時に、弁当箱と一緒に買ったおにぎりの型。

でも、買ったはいいけど全く使っていませんでした。

何故かと言うと、私はおにぎりの型をちょっと馬鹿にしていたからです。

おにぎりには少しこだわりのある私。
握ってすぐは柔らかくて食べると崩れてしまうおにぎりも、冷めるともろさがなくなり食べやすくなります。
その事を考慮して少し力を抜いて握っているのですが、その加減が難しい。

握りすぎてほろっと口の中で崩れる感がなくなっていたりすると、もうがっかり。「なんでもっと軽く握らなかったんだ」と、貴重な昼食時間を‘一人反省会’で締めくくってしまうこともしばしば(苦笑)。

でもすぐ食べる時のおにぎりは固めに握らないと、ボロボロ崩れて食べられたもんじゃない。おにぎりは奥が深いな~と思っていました。

ですから型で作るなんて、ふざけんじゃね~って感じだったんです。(それなら型なんて買うなって話ですが・・・)

ところが今日、熱で幼稚園をお休みしている息子がおにぎりを食べたいと言い出し、朝でめんどくさかったこともあって、この型を使ってみることにしました。

ご飯をちょっと多めに詰めて蓋をかぶせ、さっと抜く。
コロンと皿の上に乗っかったかわいい三角形。「あら~?意外と楽しい♪」

さっそく試食してみると、外はしっかりと握れているのに口の中でさらっと崩れる理想のおにぎりになっているではありませんか!

しかも作ってすぐ食べても全く崩れません。冷めると多少固くなる気はしますが、型に詰めるご飯の量を調節すれば問題なさそうです。

すんげ~!!!今までの私の反省の日々はなんだったんだって感じですよ。

もうこれからはおにぎりの型一本でいこうと決心。おにぎりの握り方スキルがアップしなくても、もういいや。(笑)

でもこれ、たった一つ欠点があるんです。それは塩を付け忘れそうになること。味のないおにぎりならご飯茶碗で食べるのと変わりませんからね~。

まあこんなドジは私だけかもしれませんが・・・(^_^;)





[PR]
by plath | 2006-05-29 07:27 | 料理
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30